威哥王

巨人倍増

紅蜘蛛

RU486

三體牛鞭

狼1号

三便宝

淫インモラル

漢方検索:

仕事とストレス

今、社会の競争は激しいです、だから、仕事とストレスを正しくて処理しなければなりません。だから、以下の文書を見てください。


仕事とストレス

厚生労働省の調査によると、自分の仕事や職業生活に関して強い不安、悩み、ストレスを抱えている人の割合は、6割近くに上ります(平成19年「労働者健康状況調査」による)。こうした仕事のストレスを引き起こす原因には、どんなことがあるのでしょう。代表的と言われるものをあげてみましょう。

蟻力神

コミュニケーションの問題

職場の人間関係の問題は、今に始まったことではありません。しかし、近年では時代の変化に伴う新たなコミュニケーション上の問題が生まれ、一層深刻になっています。その代表的な要因には、次のようなものがあります。

● 雇用の不安定化や非正規労働者の増加により、持続的な人間関係を築きにくい
● 職場のIT化等により、個人的で行う仕事が増え、相談できる相手が少ない
● 仕事の専門化、精鋭化が進み、上司による十分なフォローが得られにくい
● 成果主義により個人の成績が問われ、助け合いの発想が失われている
● あいさつ等のコミュニケーションを重視しない人が増えている

天天素

 

仕事の量と質の変化
雇用形態の多様化や職場のIT化、技術の高度発展などにより、仕事の量的、質的なストレスに苦しむ人も少なくありません。たとえば、次のような問題があります。

● 非正規労働者の増加により、一部の正社員に責任の多い仕事が集中しやすい
● 末端の仕事が集中する非正規労働者は、仕事のやりがいが少なく、実務でのスキル向上の機会を得られにくい
● IT化の進展や国際競争の激化等によって、スピード化と能力向上が求められる
● 技術の高度発展により、常に新しい情報や知識、技術の習得が求められる

 

雇用や将来への不安
levitra かつての日本は、長期安定雇用や充実した社会保障に守られ、働く人は安心して暮らす権利を享受していました。しかし、90年代以降はそうした前提が崩れ、働く人は、次のような不安を常に抱えるようになりました。

● 終身雇用制の崩壊により、雇用が不安定になり、安心して働く保障が得られない
● 非正規社員が、正規雇用される機会が減少している
● 企業競争の激化や不安定な経済動向により、安定的な賃金の上昇が見込めない
● 少子高齢化社会の進展により、働く人の税負担が増える
● 真面目に働き続けていても、将来的な社会保障への心配がつきない


以前の日本は、優良な企業に就職さえすれば安定的な生活が守られ、定年後も手厚い社会保障に守られる、という安心がありました。しかし、産業が劇的に変わる現代では、大企業に勤めていても、いつ雇用や生活の保障がおびやかされるか、不透明です。それだけに、働く人のストレスは、とても深刻です。

では、若者から高齢者まで、世代で感じるストレスにはどんな違いがあるのでしょう? 次回お伝えします。

精力剤

A9生精片¥600円
M6生精片¥600円
米国金根¥500円
MACA¥500円
蔵秘雄精¥2000円
友情リンク
ご利用規約 | お買い物流れ | 注文案内 | 代理募集 | 新規登録します | ショッピングカート