威哥王

巨人倍増

紅蜘蛛

RU486

三體牛鞭

狼1号

三便宝

淫インモラル

漢方検索:

薬害肝炎、患者救済法案が成立!

薬害肝炎、患者救済法案が成立!

法案には、政府の責任と謝罪を明記!

薬害C型肝炎訴訟で、被害者全員を一律に救済する「感染被害者救済給付金支給法案」が1月11日、国会で成立しました。これにより、血液製剤(輸血・治療用に人間の血液からつくる薬剤)の投与によるC型肝炎感染が認められた患者やその遺族に、1人1,200~4,000万円の給付金が支払われます。そして、法案には、「甚大な被害が生じ、その被害の拡大を防止し得なかった」政府の責任と、「感染被害者及びその遺族の方々に心からおわびすべき」という謝罪が明記されました。法案に政府の責任やお詫びの言葉が盛り込まれるのは、異例中の異例。昨年来、原告団が連日、マスコミを通じて精力的に世論に訴えた努力が報われた結果と言えるでしょう。

過去の教訓は、今回も活かされずじまい……
薬害C型肝炎は、旧ミドリ十字製の血液製剤「フィブリノゲン」などの投与により、C型肝炎ウイルスの発症者が約1万人も発生した問題。被害者らは国・製薬会社を相手取り、全国各地で訴訟を起こしていました。その後、昨年10月になって、厚生労働省・製薬会社共に、患者の実名・イニシャルを把握していたにもかかわらず、告知しないまま放置していたことが判明! 「被害拡大を防止しなかった!」とのそしりは、免れません。そう言えば、あの薬害エイズ事件の原因となったのも、同じ旧ミドリ十字がつくった血液製剤。そして、当時の旧厚生省・企業が被害防止のために、適切な行動をとらなかったのも、今回と同じ。過去の悲惨な事件の教訓は、活かされずじまいに終わったと言えそうです。

 

A9生精片¥600円
M6生精片¥600円
米国金根¥800円
MACA¥800円
蔵秘雄精¥2000円
友情リンク
ご利用規約 | お買い物流れ | 注文案内 | 代理募集 | 新規登録します | ショッピングカート