威哥王

巨人倍増

紅蜘蛛

RU486

三體牛鞭

狼1号

三便宝

淫インモラル

漢方検索:

ひょっとして、百日咳?咳が止まらない症状

ひょっとして、百日咳?咳が止まらない症状

三種混合ワクチンを受けていれば安心?
百日咳は、小児がかかると死亡率が高い病気です。かつてワクチンをより副作用の少ないワクチンへと切り替える時に、未接種者が増えてしまい、百日咳の報告が増えたことがありました。このことからもワクチンは予防に有効と推定されています。

日本で開発されたワクチンは重篤な副作用が少なく、ジフテリア、破傷風と百日咳を合わせた三種混合ワクチンの接種が実施されています。三種混合ワクチンは複数回の接種を行うので、接種をまったく受けていない人は非常に稀です。結果的にワクチン接種率が非常に高いといえます。

また、接種回数が多い方が感染予防力が高く、予防効果も続くことが知られています。

成人になるとワクチンの予防効果が落ちる

元々百日咳は子供の病気とされ、感染症の報告も小児のみが対象です。成人の報告がないのは、成人が発症した場合の記録を集めていないからです。

ワクチン接種を受けていれば、大人になっても感染しないと考えがちですが、感染の成立を完全に防げるわけではありません。小児時期に接種したワクチンによる予防効果は、成人になると落ちてしまうので、最近では成人の百日咳の集団発生と推定される報告が相次いでいます。

百日咳?別の病気? 確定診断の難しい
百日咳の症状は、その名の通り、百日とまでは行きませんが、長期間続く咳が特徴的です。

成人の百日咳の場合は、ワクチンの関係で小児のような典型的な経過を取らず、咳だけが続く場合が多いとされています。これと同じく、以前の記事、『オリンピック病に御注意』に書いたように、マイコプラズマも長期間続く咳が特徴です。アレルギーによる喘息も咳が主な症状ですが、通常は何か吸い込んだ時が咳のきっかけとなるので、ある程度区別することが可能です。

百日咳は細菌による疾患なので、培養検査で菌を検出すればすぐに分かると考えがちですが、特殊な培地が必要な上、病気の期間中に菌が検出できない時期があるので、培養検査をしたとしても必ずしも診断できるとは限りません。

菌に対する免疫力(抗体検査)を調べれば過去の感染歴を知る事ができますが、この検査は病気の時期の異なる時期、例えば咳がある時期と咳が納まった時期に2回採血して、抗体の力価(量)を比較して「あれは百日咳だった」と判断することになりますので、後だしジャンケン的になります。

マイコプラズマに効く抗生物質が有効

百日咳は咳で飛んだ呼気中に含まれた菌を介して、飛沫感染します。仕事場や学校で、長期間咳が続いている人がいて、自分も咳が続いた場合は、要注意です。

あまり発熱もなくて咳の症状が取れない状態が2週間ほど続いたら、病院を受診しましょう。成人の場合は診断が難しい百日咳ですが、幸いなことに咳が続く病気のマイコプラズマと同じ系統の抗生物質が百日咳に対しても有効とされています。

抗生物質の服薬期間は2週間程度必要とされているので、自身の判断で休薬しないようにして、しっかり治しましょう。

A9生精片¥600円
M6生精片¥600円
米国金根¥500円
MACA¥500円
九鞭粒¥800円
蔵秘雄精¥2000円
友情リンク
ご利用規約 | お買い物流れ | 注文案内 | 代理募集 | 新規登録します | ショッピングカート