威哥王

巨人倍増

紅蜘蛛

RU486

三體牛鞭

狼1号

三便宝

淫インモラル

漢方検索:

お肌産生能の向上

お肌産生能の向上

根本的な乾燥肌対策を考えるとき,お肌は身体の一部であり,全身の状態に強い影響を受けることをしっかり認識しましょう。
お肌の表層を整えるスキンケアだけでは根本的な乾燥肌対策としては満足できる成果は得られないのではないでしょうか。
さらに,前ページにあるようにお肌に悪影響を及ぼす紫外線から逃れることのできる人はおりません。
これらの問題の具体的な対策を以下でご提案いたします。

みずみずしい肌は真皮にたっぷりと保たれる水により実現されます。
肌に水が保たれるのは,真皮中のコラーゲンやコンドロイチン等のムコ多糖に水をたっぷりと抱え込む性質があるからです。

若い頃は新陳代謝が旺盛で,常に十分なコラーゲンやムコ多糖が真皮中に供給されて,たっぷりと水を抱え込んだ真皮がみずみずしい肌を維持しております。
しかし,年齢を重ねるにつれ,新陳代謝が緩やかになり,体内でコラーゲンを合成する能力も低下します。40歳台では20歳台の2分の1,60歳台では4分の1に低下するそうです。
 
入れ替わるスピードが遅くなったコラーゲンは長期間体内にとどまりますが,その間に活性酸素などの攻撃を受けて,変性(タンパク質の構造が変化して機能を発揮できない状態)してしまいます。
変性したコラーゲンは,ちょうどサビついたスプリングのようになり,弾力性を失ってしまうのです。固くなったコラーゲンは分解されにくくなり,代謝のスピードが落ちて,さらに新しいコラーゲンが作られにくくなるという悪循環に陥ります。
コラーゲンは真皮の7~8割を占めているので,コラーゲンが減少すると真皮の細胞数も減ります。
また,コラーゲンによって支えられていたムコ多糖も,コラーゲンの減少とともに少なくなってしまいます。
ムコ多糖には抜群の保水性があり,肌のハリや柔軟性を保っていますが,それが減ることによって真皮はスカスカの状態となり,大きなシワやたるみができてしまいます。
 
食べたコラーゲンはそのままお肌のコラーゲンにはなりません
みずみずしい肌を取り戻すためには真皮中のコラーゲンを増やせば良いことになります。
一見,コラーゲンを多く含む食品を食べるとよいように思われがちですが,食べたコラーゲンがそのまま体内でコラーゲンになるわけではありません。
コラーゲンはタンパク質の一部なのですが,食べたタンパク質は一度その構成要素の最小単位のアミノ酸に分解されてから吸収されます。体内ではアミノ酸をもとにコラーゲンなどのタンパク質を合成するのです。
ですから,単にコラーゲンを多く含む食品を食べればよいというものではありません。通常の食事で摂るタンパク質で十分にコラーゲンを作れます。
コラーゲンの合成にはビタミンCが必要で,体内で合成できませんので,ビタミンCの摂取は必要になります。
また,コラーゲン配合の化粧品を見かけますが,一時的な保湿効果はあっても,化粧品中のコラーゲンが浸透していき皮膚のコラーゲン量が増えることなどあり

A9生精片¥600円
M6生精片¥600円
米国金根¥500円
MACA¥500円
九鞭粒¥800円
蔵秘雄精¥2000円
友情リンク
ご利用規約 | お買い物流れ | 注文案内 | 代理募集 | 新規登録します | ショッピングカート