威哥王

巨人倍増

紅蜘蛛

RU486

三體牛鞭

狼1号

三便宝

淫インモラル

漢方検索:

「乳がん検診は大切な予防」

「乳がん検診は大切な予防」
一歩踏み出して守る乳房と女性の健康

日本女性の乳がんは増え続けています。しかし、乳がん検診の受診率は13%台と、アメリカの70%に比べ非常に低いのが現状です。
女性自身が意識をもってマンモグラフィー(乳房X線撮影)を受けてほしい。自分の乳房と健康を守ることは、愛する家族や、地域や職場の仲間にとっても大事なことなのだから。そんな願いを込めた当会の「アニバーサリー乳がん検診ミニエッセイ」募集には、今年も、石垣島や北海道など全国から多くの作品が寄せられました。その行間からは、女性の暮らしの情景や、家族への思い、母と娘のきずな、パートナーを見守る男性のやさしさも伝わってきます。

同時に、受診率を上げるためには、乳がん検診を受けやすくする制度の充実や医療担当者の適切な対応、正確な情報の普及の重要さも読み取れます。
18歳の若さで乳がんを体験した方からの応募もあり、高校生から乳がん検診の大切さを教えるアメリカの例にならって、学校でも女性の教養科目として教えてほしいと思います。

「アニバーサリー賞」に選ばれた3篇では、照山愛さんは無料検診のはがきが検診を受けるきっかけとなり、さらに医師の「検診は何より大切な予防」の一言が、信頼と継続につながりました。受診率を上げるには、きっかけづくりや検診の現場の対応も課題でしょう。

植木由紀子さんの、乳がん体験を乗り越えて迎えることができた60歳という言葉にも胸打たれます。もし、あのとき人間ドックを受けていなかったら、娘の結婚式や孫の誕生、夫の定年の場面に自分の姿はなかったかもしれない。「特効薬はない。早期発見こそが一番大事」という言葉にも体験の重みがあります。

藤木佐百合さんは、ママさんバレー仲間の打ち上げの席で、マンモグラフィー検診の体験を話す酒豪ママの話に啓発されて、自分も検診を受けることにした例。正確な情報を持つ人がいれば、スポーツや趣味の交流も、更年期を含めた女性の健康の貴重な情報提供の場になりそうです。

「アニバーサリー乳がん検診」関連企画では、順天堂医院乳腺科科長の齊藤光江先生へのインタビュー
をホームページで特集しています。
「早期発見は大事だが、そうでなくでも治療手段はちゃんとある」という乳腺外科医としての齊藤先生の言葉に救われる思いの女性もいるでしょう。治療法の進化や乳がんのタイプに合わせた治療法など、ぜひお読みいただきたい内容です。その中から「しこりがないときに受けるのが検診」「しこりがあるときは検診ではなくすぐに受診」という“常識”も覚えておきましょう。

 

A9生精片¥600円
M6生精片¥600円
米国金根¥500円
MACA¥500円
九鞭粒¥800円
蔵秘雄精¥2000円
友情リンク
ご利用規約 | お買い物流れ | 注文案内 | 代理募集 | 新規登録します | ショッピングカート